広島人のソースへのこだわり

広島と言ったらお好み焼き、他の場所ではよく「広島焼き」と言われています。

(もちろん、広島の人は普通に「お好み焼き」と言っています。)

そして広島焼きと言ったら「おたふくソース」です。

広島市内には各町内ごとに一件、駄菓子屋さんと同じ感覚で小さいお好み焼き屋さんがあります。

オカメのお面のマークのおたふくソース提供ののれんもいっぱい下がっていて、よく見かけます。

しかし、ソースはお好み焼きの味の決め手、おたふくソースをそのまま使っているだけでは本当の人気店にはなれません。

たいていベースのソースにいろいろ加えて独自の味を出しています。

しかも広島焼きのベースのソースはおたふくソースだけではないのです。

広島と言えば東洋カープ、そう「カープソース」というものが広島の地元では売られています。

カープソース提供ののれんを掲げたお店も結構見かけます。

そしてこれぞ地元スーパーで買わないと、お土産店では買えないというのが「ミツワソース」。

しかしこれこそお好み村で使われている専用ソースでもあり、地元色の濃いソースなのです。

広島のお土産にソース、といいますがよりマニアックな地元仕様のソースも試してみてください。

menu